減額シミュレーション 減額シミュレーション
債務整理

任意整理と債務整理はどう違う?どちらが効果的?

違い

債務整理は借金の返済に悩む人が、支払額の負担を和らげたり、借金をなくしたりできる手続の総称です。

債務整理には主に任意整理・自己破産・個人再生があります。

つまり。任意整理は債務整理の中の一つの手続なのです。

この記事では、

  1. 任意整理の概要
  2. 個人再生・自己破産との違い

等について解説します。
債務整理で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

任意整理の概要

任意整理は、司法書士や弁護士を代理人として債権者と交渉し、将来利息や延滞利息のカットを申し入れることで借金返済の負担を軽減できる債務整理手続です。


通常は3~5年の分割返済で和解することが多く、利息部分の減額が中心で元金の減額は難しいため、借入額が大きくない人に向いています。

また、裁判所を通さずに手続できるのも任意整理の特徴です。

借金返済がしやすくなる!任意整理について徹底解説 手続き 任意整理はどんな手続き❓ 任意整理は、債権者との交渉を通じて、借金の返済条件を緩和してもらう...

任意整理の主なメリットは

  1. 将来利息がカットされ返済負担が軽減される
  2. 整理する借金を選べる
  3. 他の手続に比べ簡単に行える

ことなどが挙げられます。

利息を減らし借金完済を目指せる、任意整理の5つのメリット メリット 借金問題に悩む多くの人にとって、任意整理は問題解決のきっかけとなりえます。 任意整理には、借金を減額するほかに、...

一方、任意整理の主なデメリットとしては

  1. 信用情報に事故情報が登録される
  2. 減額幅が他の手続と比べて小さいこと

が挙げられます。

審査に通らなくなる?任意整理の4つのデメリット デメリット 任意整理は借金問題を解決に導く有効な手段ですが、いくつかのデメリットも存在します。 これらのデメリットを理解す...

任意整理と債務整理の違いとは何か

債務整理は借金の返済に悩む人が、支払額の負担を和らげたり、借金をなくしたりできる手続の総称です。

債務整理には主に任意整理・自己破産・個人再生があります。

つまり、債務整理の中に、任意整理があるということです。

一般の人にとって、任意整理と債務整理は同じように思える言葉です。

実際のところ、任意整理と債務整理を区別しているのは、司法書士や弁護士などの専門家と、消費者金融やカード会社などの債権者だけでしょう。

ただし、別の手続と比べると大きな違いがあります。

ですので、ここからは、任意整理と個人再生・自己破産の違いを解説します。

任意整理と個人再生の違い

財産を手放さずに借金が減額できる個人再生とは? 個人再生は、借金問題を抱える人にとって、大きな助けになる債務整理の方法です。 裁判所を通じて行う法的整理の一種で、借金の一部を返...

整理の対象を選べる

任意整理では債務整理の対象となる借金を選択できる点が、個人再生との大きな違いです。
例えば、自動車や商品、住宅などのローンが残っている場合、それらを債務整理の対象にすると引き揚げられて売却され、借金返済に充てられてしまいます。
また、保証人のいる借金を整理の対象にすると、保証人に請求が行くなどのデメリットがあります。

さらに、家族等から借金をしている場合、手続きをしていることを知られてしまいます。
このように、債務整理の対象から外したい借金を避けられるのが任意整理の特徴です。
一方、個人再生では手続の対象となる借金を選ぶことはできず、すべての債権者を対象としなければなりません。
ただし、住宅ローンに関しては個人再生でも手続から外すことが可能です。

手続が簡単

次に、任意整理は個人再生に比べて手続が簡単だという点が挙げられます。
個人再生といった法的手続は裁判所を通す手続なので、申立の準備として様々な書類の収集・作成が必要になり、裁判所への出頭が求められることもあります。
さらに、個人再生は申し立てから再生認可まで1年程度の時間を要することもあります。
これに対し、裁判所を通さない任意整理ならそのような手間はかかりません。
任意整理を司法書士や弁護士などの専門家に依頼すれば、債務額の調査から債権者との交渉、和解書のやり取りまですべてを専門家が行ってくれます。
依頼者が行うのは契約書への署名や交渉内容の確認くらいでしょう。
また、任意整理の手続期間は通常半年程度で決着することが多いです。

減額できる金額は個人再生の方が大きい

ただし、任意整理で減額できるのはあくまで将来利息が中心で、元金の減額は難しいです。
一方、個人再生では借金の元金を5分の1~10分の1程度まで減らせます。
つまり、借金の減額効果という点では、個人再生の方が任意整理より圧倒的に大きいのです。

自己破産との違い

自己破産はどんな手続?借金の支払義務がなくなる? 自己破産 借金の返済に行き詰まり、自己破産を検討している方もいるでしょう。 自己破産は、裁判所の手続きを通じて借金の返済義...

債務整理の対象を選べる

個人再生と同様、自己破産でも債務整理の対象となる借金を選択することはできません。
そのため、手続から外したい借金がある場合は任意整理を選ぶしかありません。

財産の処分が必要ない

自己破産の最大の特徴は、財産の処分等です。

自己破産では一定以上の価値がある財産を売却処分しなければなりません。

例えば、住宅を保有している場合、自己破産手続ではその住宅は売却されます。

そして、売却で得たお金は各債権者に分配されるのです。

一方、任意整理では、このような財産の精算は必要ありません。

財産をすべて手元に残したまま手続を進められるのです。

手続き期間も短期間で終わる

任意整理の場合は、手続きは半年程度で終わることが多いです。

ただし、任意整理の場合は、返済期間を考慮すると4~6年程度の時間がかかることも珍しくありません。

一方、自己破産の手続きは、申し立てまでに1年程度、手続きに1年~2年程度の時間がかかります。

ですが、手続き終了後は返済が免除されることから、トータルでかかる期間は短いです。

任意整理の方が信用情報の回復は早いかも?

自己破産と任意整理を比べると、信用情報の回復は任意整理の方が早いです。

自己破産で債権者に銀行がいた場合、最大で10年、事故情報が残るためです。

一方、任意整理は手続き終了から5年程度で信用情報は回復します。

自己破産は返済義務が免除される

最後に借金の減額幅ですが、自己破産の場合は財産をすべて処分したうえで返済義務が免除されます。

つまり、借金の返済をしなくてよくなるのです。

一方、任意整理の場合は、元本に相当する金額は払わなければなりません。

減らせる金額の大きさは、自己破産の方が任意整理より圧倒的に勝っています。

まとめ

任意整理は債務整理の中でも最もデメリットが少なく、手続も簡単な方法です。
将来利息のカットにより返済負担を軽減でき、手続中は督促も止まるので精神的にも楽になれます。
ただし、利息カットが中心で元金の減額は難しく、信用情報にも一定期間事故情報が残ります。
任意整理での解決が難しい場合は、個人再生や自己破産などの法的手続を検討する必要があります。
債務額が多すぎたり収入がなかったりする場合は任意整理より個人再生や自己破産が適しているでしょう。
借金問題を抱えている人は、まずは専門家に相談し、自分に最適な債務整理の方法を見つけることが大切です。

無料の借金減額診断 借金はいくら減額できる?